Home | Reserve | Blog | Price List | Stylist | Map | Contact

メイン | 2007年01月 »

2006 / 12 / 25 13:27

ハンドメイドピアス。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20034.jpg
今日は当店で取り扱っている商品の中から、アクセサリーについて。
いまは新規オープンということで、ご来店いただいたお客様全員に
ハンドメイドヘアピンを差し上げています!
普通なら画像を載せたいところなんですが、
ご来店されてからのお楽しみということで・・・。


そして、上の画像は手造りの「ピアス」です。
といっても、当店のスタッフが一枚かんでいるぐらいなモノで・・・。
友人のデザイナーE.K氏の作品です。
かわいらしいものから、エレガントなものまで、
誰でもつけられるように、商品構成をしております。
価格は、「¥1000」と「¥700」の二種類です。
普通店頭に出すと、3倍~4倍の値段はするんですけど
デザイナーから直接ですので。

もし、「こんな色で、こういうデザインのものが欲しい」
というのがあれば、遠慮なくおっしゃってください。
少しお時間がかかるかもしれませんが、商品化もできると思いますし
オーダーみたいなこともできるかと思います。


このようにFLORENT13では
ヘアーデザインだけにとどまらず、いろんな意味で、
「トータルコーディネイト」を考えてやっていきたいと思います。
今までは「美容師」としての仕事って「ヘアーデザイン」一点集中だったように思います。
もちろんそこは大前提ですが、それだけでは、もったいないので
小さい枠に入らずに、いろいろ挑戦していきます!


最後にみなさま、「こんなのあったらいいな」を教えてください!
当店はまだ駆け出しで「完璧」にはほど遠いです。
お客様の意見、すべてが勉強です。
日々精進していきます!
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!


2006 / 12 / 19 9:28

ひねりのある版画

%E7%94%BB%E5%83%8F%20020.jpg
お早うございます!ブログの駆け出しとして、このブログは見ているけどまだ当店の中を見たことのない人たちに店内の少しこだわっているところ紹介していきます。
前回はアロマキャンドル「diptyque」について紹介しました。
今回は壁に飾ってある「絵」について少し。
「M.Cエッシャー」
ある特異な版画家とあります。ぼくも数年前に出会って衝撃を受けました。
ひねりすぎというか、現実の世界の絵だけどありえないというか・・・。
コメントがかなり難しい。

「マウリッツ・コルネリアス・エッシャー」

彼は、オランダの生まれ。あのフェルメールが遠近法を使用したが、その遠近法、透視法を逆手にとった「だまし絵」やタイリングといわれる「平面の正則分割」シリーズがある。

エッシャーは、ある形が徐々に別の形へと変わっていく「メタモルフォーゼ」、結晶の幾何学的な特徴や、光学的な性質をも作品としているが、「私たちをとりまく謎について深く考えをめぐらし、自分のみたものを分析した果てに、私は数学の世界にたどりついてしまった。」というように、理数的・理工的な作品だ。

エッシャーの、鏡面に写る世界をモチーフにした作品があるが、鏡面反射では反射方向が狭いものという性質の利用、拡散反射での複雑な凹凸、球面鏡の凸面鏡(車のミラーなど)、凹面鏡(スプーンのへこみなど)という平面鏡、球面鏡の特徴などを完璧に理解している。ちょうどこのバイオグラフィーはエッシャーの写像球体を持つ手である。これは水晶球だという。

水晶球を通して見た物は複屈折により二重に見え、方向により複屈折の度合いが変化する。ふ~ん、なるほどね。

深すぎますねー。絵を見て考えているといつの間にか、その世界に吸い込まれていく・・・。
で、わからなくなって、考えるのをあきらめると、またもとの世界に戻ってくる。
「あぶない」ですね。
たぶん、こういう人が、何か新しいものを発明するんだなー
と思います。
自分にもこんな能力が欲しいなー・・・。

サロンワークでも、こんな、数学的な緻密なデザインもしつつ、
今まで培ってきた感覚的なものと、「センス」みたいなもの、
にも、磨きをかけてがんばっていきたいと思います!


2006 / 12 / 16 12:02

とっておきの香り。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20012.jpg
オープンして初めての土曜日です。朝から閉店までとりあえず、ご予約のお客様でいっぱいになりました。うれしい限りです。
で今、カラーリングの待ち時間にこのブログを書いています。


今日は、お店で使っているアロマキャンドル「diptyque」について。

ディプティックは1961年、パリで創業されました。美術学校(ボザール)出身の創業者がショーケースに作品を陳列したのが始まりでした。当初はインテリアファブリックなどを扱っていましたが、1963年にフレグランスキャンドルを置くようになったところそれが大ヒットし、パリ中の本物志向な人々が買いにくるようになりました。それ以来、国際的に名をはせるようになり、世界中のファンに愛され続けています。1968年には最初のオードトワレを発表し、キャンドルとともに大人気に。その後もルームコロン、ヘアー&ボディーウォッシュなど次々と新作を発表しています。ディプティックは香りの文化の根強いフランスのフレグランスブランドのなかでも、「No.1の香りのショップ」としてその存在を知られ、品質ともに高く評価されています。

ディプティックの香りは、良質の香料を使ってつくられています。そして、数ある香りのどれもが、長い時間をかけて丁寧に調合されたもの。その老舗ならではのこだわりが、シンプルで上品な、飽きのこない香りを生みだし、発売以来多くの方に喜ばれ続けています。


まだオープンしたばかりですが、本当にいいもの を使用して
お客様に「本物」を提供していきたいと思います。

2006 / 12 / 13 20:39

記念日!!

%E7%94%BB%E5%83%8F%20009.jpg

ついに、オープンの日が来ました。朝から、お花屋さんの行列ですごかったです。
「こんなに」。。。正直びっくりしました。お世話になっているメーカーさん、不動産やさん、それから先輩方、内装屋さん、友人たち、いろいろな人から、素敵なお花をいただきました。
「ありがとうございます」

でいまようやっと、落ち着いて、お店の「マイルーム」でこのブログを書いてるんですけど・・・。

ということは・・・お客さん来ましたよー。まあまあかなー。


なかなか、新しいスタイルにチャレンジするって言うのは、難しいですねー。
「あたらしいスタイル」っていうのは、[onestop]サービスのことで、その場でシャンプーから仕上げまでするんですけど、それがまた・・・。がんばります!


あしたも、ご予約が・・・。「よし!」

TEL 046-872-5528
〒249-0006
神奈川県逗子市逗子5-1-12 プロスーパー興産ビルA棟1F-B号

京急新逗子駅から徒歩1分/JR逗子駅から徒歩3分
(逗子市役所向かいの湘南HOMES裏手)


■リンク■
style-h
十三画 鎌倉
サイト内のコンテンツの無断転用を禁じます。Copyright(c) FLORENT13.All rights reserved. Supported by Minato Design PROJECT